登録アーティストデータベース
  • ロック
  • ハードロック
  • オルタナティブ/ミクスチャー
  • ポップス
  • ブルース/カントリー
  • ジャズ/ボサノバ
  • フォーク
  • ボーカル
  • R&B/ソウル
  • ダンス/エレクトロニック
  • インストゥルメンタル/イージーリスニング
  • 歌謡曲/演歌
  • ワールドミュージック
  • クラシック/吹奏楽
  • ノンジャンル
登録アーティストデータベース

ジャンル別ページへ戻る

SUB CULTURE
SUB CULTURE

ポップス
(ミクスチャ ボサノバ ポップス HIP HOP・ラップ:SUB CULTURE Rock)

ホームページ:

>>SUB CULTURE Website

所属レーベル:

MIND PUNKS RECORD

所属プロダクション:

曲名:RESTART

コメント:

宮原直道(27)・・・(Vo)担当。S54・2・3
長崎県出身。10歳から大分で過ごす。4歳からピアノをはじめ13歳からギターをはじめる。九州産業大学に入学。この音楽部でSUB CULTUREのメンバーと出会う。

今浪高久(26)・・・(Vo)担当。S55・3・7
福岡県出身。13歳の頃から音楽に興味を持ち出す。後に同大学に入学。同じくしてメンバーと出会う。

松富雅俊(26)・・・(Ba)担当。S55・2・27
山口県出身。幼少の頃から幅広い音楽に興味を持ちギター・ベースをはじめる。同大学に入学した後メンバーと出会う。

真浄友規(23)・・・(Gu)担当。S58・9・11
大分県出身。幼少の頃から祖父、父の影響を受けギター・キーボード・ヴァイオリンなどはじめる。

山本賢一(26)・・・(Dr)担当。S54・10・6
福岡県出身。サブカルチャーにはなくてはならない存在。音楽に深く精通している。

*****
1998年
宮原直道(Vo)今浪高久(Vo)によりSUB CULTURE結成。「SUB CULTURE ROCK」のテーマにより独自の音楽を追い求め曲作りを開始する。結成約3ヶ月後に初ライブを行う。これを期に月2本以上のライブを福岡各地で行う。

1999年〜2000年
両ヴォーカルによる服飾ブランド「MIND PUNKS」を立ち上げるこれを期に自主ライヴイベント「MIND PUNKS KNIGHT」を開催。福岡で活躍するバンドを中心に出演を依頼し、1回目のイベントでは200以上の動員を記録する。その後2ヶ月に1回のペースで当イベントを九州各地で開催し「SUB CULTURE」を各地に広めるきっかけとなり、自他共に認める大成功をおさめる。

2001年〜2002年
九州各県でライブ活動を行う。そしてZEPP FUKUOKAで「MIND PUNKS KNIGHT」を開催。過去最高動員の500人強を記録。動員もさることながら、中身の充実したイベントになった。この時V.A.「MIND PUNKS KNIGHT」(自主制作)200枚を作成し、同イベントで完売する。

2003年〜2004年
個々の諸事情により何度かの脱退、メンバーチェンジをする。それによりライブ活動のペースをおさえてサポートメンバーとともにレコーディングに力を入れる。レコーディング進行中に曲の新しい部分に気づき楽曲のパワーアップを図るようになる。
           
2005年
レコーディング終了。これを期にプロモーション活動にも力を入れる。新しいフィールドを求めて東京、大阪に行きプロモーション活動をする。またこの頃からライブ活動も本格的に再開。県外のバンドと対バンをするようになる。

2006年〜2007年
レコ発ツアーも終わり、新曲の製作している。

 

 

 

ページトップへ戻る