登録アーティストデータベース
  • ロック
  • ハードロック
  • オルタナティブ/ミクスチャー
  • ポップス
  • ブルース/カントリー
  • ジャズ/ボサノバ
  • フォーク
  • ボーカル
  • R&B/ソウル
  • ダンス/エレクトロニック
  • インストゥルメンタル/イージーリスニング
  • 歌謡曲/演歌
  • ワールドミュージック
  • クラシック/吹奏楽
  • ノンジャンル
登録アーティストデータベース

ジャンル別ページへ戻る

KEN G
KEN G

ジャズ/ボサノバ
(スタンダード・コンボ ボサノバ:)

ホームページ:

>>KEN G Website

所属レーベル:

What's New Records

所属プロダクション:

曲名:I'll Call You Again

コメント:

テナーサックス&ソプラノサックス奏者。1967年山口市出身。中学2年の頃独学でアルトサックスを始める。山口高校在学中、山口市のジャズスポット"ポルシェ"にてセッションを重ねる。高校を卒業後上京し音楽学校に2年間在籍。二十歳頃アルトからテナーに転向し、日本ジャズ界の鬼才・植松孝夫氏に師事。'89年"万有韻力"を結成し"新宿ピットイン"を中心にライブ活動を開始。'91年NHK-FM“セッション'91”に自己のバンドで出演し全国的に知られる。'95年"THE REASON"、'96年"BULL'S EYE"、'97年"Two Face"とリーダーアルバムをリリース。近年は海外にも進出。'05年6月、'07年6月にはカナダのToronto Downtown Jazz FestivalでSAN MURATA TRIOにゲスト出演し好評を博す。トロントで同地のミュージシャンと収録したアルバム "Last Winter"、"Tenderly" を'06年1月に2枚同時リリース。'07年1月、トロント録音の三枚目のアルバム"You Can Sleep Now"をリリース。'08年6月NY録音の最新作"CRY OF THE WILD"をWhat's New Recordsからリリース。ジャズ雑誌などの高い評価を受ける。同年6月末から"CRY OF THE WILD"発売記念ツアーで、北海道から沖縄まで全国約30ヵ所を回る。8月Billboard Live Fukuokaにも出演。現在福岡市在住。豊かな音色と幅広い音楽性と兼ね備え、即興性の高いユニット "in g air"のほか、様々なユニット・セッションで九州・山口を中心に全国的に活動を展開している。春日市ふれあい文化センター音楽家派遣事業♪音楽の玉手箱、熊本のイベントStreet Art-plexに定期的に出演。ちなみにKEN GのGはGravity(重力)を意味している。

 

 

 

ページトップへ戻る