PICUPアーティスト
SlowMotionInterview MovieSample SoundSlowMotion Home Page


女性ファンが多いと聞いて、「その理由はどこだ?」と曲をじっくり聞いて望んだインタビュー。

結果的にはっきりと理由がわからないまま、話しをしていくうちにわかったぁ!『男の弱み』ねぇ。

別に彼らが弱々しいわけではないんだけど、曲の中に「そんな完璧な人間なんていない」みたいな正直な感じが伝わってくる・・・気がするのは私だけ?だから、『ロックとポップスの間』。

たまに強く主張し、たまに軽く受け止める感じなのかな。

(2006.09.13 TEXT:古田@MC)

インタビュームービー

サウンド試聴

リスタート(SlowMotion)

メンバー紹介

 

南区大橋を拠点に活動。メロディセンスとアレンジセンスを武器に、ポップとロックの間でゆらゆらしている。

もうすぐ結成3年。

 

岩谷 成晃(Vo.G)・・・好きなもの:ねこ、テレキャス

藤丸翔太(Ba)・・・好きなもの:ペンギン

江口俊太郎(Key)・・・好きなもの:イヌ、バンドの一番の売り:keyがいる

中村皓(Dr)・・・好きなもの:ビール、ガンダム、ドラゴンズ

 

---- スローモーションの楽曲について、詩はすべて岩谷クンの作詞ですか?

 

【岩谷】

はい。作曲も一応僕です。

 

---- 作詞・作曲はどこにも載せてないですよねぇ。

 

【江口】

言ってないねぇ、そう言えば。

 

【中村】

持ってきたものの方向性をみんなで、あーだこうだ見つけていきながら・・・。

 

【岩谷】

僕がネタを持っていって、曲がみんなで練習しながらできていって、そこにメロディーをのせていくという作り方をしています。

 

【中村】

結構、彼が持ってくる状態は未完成でー。

 

【藤丸】

そうそう、サビだけとか、コード進行が1つだけとか(笑)

 

---- じゃあ、作詞・作曲というよりは、みんなで、1つの曲を作り上げていくという感じなのかな?

 

【江口】

そう、それもあって表向きには明記してない・・・ていうのは、後付かな?(笑)

 

【中村】

曲の成功(完成)確立40%くらいかなー

 

---- 陽の目を見ない曲もあるんですね?

 

【藤丸】

結構ありますよ。一回だけやって、やらないやつとか。

 

---- 詩が少し、変わっているっていう表現は違うかもしれませんが、こだわってますよね。

 

【岩谷】

曲を作っていくときに、その曲のイメージで、マイクで歌うんですけど、それを僕はハミングとかではなく、何かしらの言葉を発していって、そこからこの部分にはこの言葉が合うっていうのが見つかったら、そこから全部埋めていくというやりかたです。

 

---- 私は、女性が共感できるような、女性の視点で書かれているような気がするんですけど。だから女性のファンが多いのかな?

 

【江口】

そうなのかなー。そういえば、友達以外では、ライブとかで声かけられるのはほぼ女性ですね。

 

---- キーボードが入っているということろなど楽曲自体も女性が入りやすい感じはしますけど。

 

【中村】

イケイケな感じとか、かっこいいところを狙っているような歌詞ではないですねぇー。男の弱みをあえてみせてるような感じかなぁ。

 

---- これからも、ロックとポップスの真ん中でいこうというかんじですか。それともいずれはどちらかに傾きたいなと思っていますか。

ポップとロックの間で、いったりきたりするというよりは、その間でひとつ路線を見つけて、そこを進んでいくというように考えてます。

 

 

音楽活動のきっかけ

 

【江口】

家にピアノがあったっていうのが大きいですね。

ピアノを習わせるため、両親が自分の生まれたときに買ってくれて。「習え」っていうのではなく、自分で「やりたい」というまで、まずは父がやって見せてくれて。そのうち不覚にもやりたいといってしまいました。

その後父は1ヶ月くらいでやめましたが。バンドをやり始めたのは高校に入ってからです。ピアノの先生にも恵まれました。

嫌だと思ったことは一度もありません。

 

【岩谷】

僕もきっかけはピアノです。

姉がピアノをやっていたとか、父がブラスバンドをやっていたりとか、兄が高校に入ってギターをやりだしたりして。

その後兄の影響で、自分で始めて買った楽器は通販のアコギです。1万円くらいの(笑)

 

【藤丸】

僕も家にピアノがあって3、4年習いました。

バンドをやり始めたのはヘビメタ好きな友達に進められて、ベースをやらされて。

その後はいろんなジャンルをやりました。グレイとか、ミスチルとか。

 

【中村】

僕も、たまたま近くのヤマハで習っていたんですよ。

そこの先生に「おまえはリズム感がないからドラムを訓練のためにやれ」といわれたのがきっかけなんですよ。そのときは「なんて簡単なんだ!」と思って、ピアノから興味がドラムにいってしまいました。

やっぱりいろんなジャンルをやりましたが、バンドでやり始めたのは大学に入ってからです。ブルースを聞き出してから、音楽の聴き方が変わりました。

 

---- 全員ピアノがきっかけって珍しいですよね。

 

だからといって、曲作りをするときに五線譜を使うわけじゃないんですよ。

 

 

MCF2006出演の感想

 

出演者のレベルが高かったですね。

自分たちが出演してない時間、いろんなステージが見ることができてよかったです。

自分たちはホワイエステージだったんですが、ホールステージで知っているバンドがやっているのを見ると、かっこよかったんですよ、いつもより(?)。それがくやしかったし、「よし!やってやるぞ」という気分で、いいバネになりました。

 

他に、かっこいいなぁと思うバンドもたくさんありましたし。

次、ホールステージを目指してエントリーをさせていただきます!

 

Interview Movie Bottom Homepage
ページトップへ戻る