PICUPアーティスト
UNDERCOVERInterview MovieSample SoundUNDERCOVER Home Page


胸キュンときめきアイドル系を自らキャッチフレーズに掲げた「UNDERCOVER」。

いろいろな音楽に触れた結果、やりたいと思うのは、子どもの頃(?)聞いてきた80年代のポップスらしい。楽曲のテーマは青春時代な恋愛ソング。ちょっと懐かしいような、親しみやすい、その楽曲に合わせての制服というコスチューム。(日焼け・太ること・ヒゲは校則で禁止なんだとか・・・)

 

完璧!作り上げられている〜と思って話をすると本当に、そんなかんじ。制服なだけにクラブ活動のよう。

ちょっとわがままなお姫様を脇で支える男ふたり。でもお姫様が最大に輝くコツを知ってる…みたいな。いつまでも乙女の心を忘れずに、ポップでキャッチーにはじけてくださいね!

 

(2006.09.06 TEXT:ちび太@MC)

インタビュームービー

サウンド試聴

smash!! (UNDERCOVER)

メンバー紹介

 

ボーカルのルミです!
ギターのtakasyです。
ベースのタカヒロです。

胸キュンときめきアイドル系のキャッチフレーズのもと福岡を中心に月に2〜3本ペースでライブ活動中です。

 

その音楽スタイルはどこから?きっかけは?

 

【ルミ】

まず、曲の感じや歌詞から若々しいイメージでいきたいなぁと、思って。「制服が着たい」っていうのもあったんですけど、福岡ってバンド多いでしょ?その中で、女の子ボーカルのバンドっていうことだけではなく「制服」ってことで、すぐ覚えてもらえるし、名刺代わりみたいな感じで印象付けられるので、やっています。

---- 曲とのバランスは?

【ルミ】
曲は、全部恋愛系です。

【タカヒロ】
もともと、若い世代向けの曲をやっていて、自分たちがやりたい音楽もそういう年代感だったので、よりその世代に親しみやすいキャラクターでありたいということと・・・そうすることでまた伝わりやすくなるかなぁと思って。

---- 結成して何年ですか?

【タカヒロ】
今のメンバーになってからは2年です。その頃から、この路線が固まってきました。

---- 制服の提案は誰から?

【ルミ】
私です♪

【takasy】
残念ながら、それは僕です!!

【ルミ】
そうだったっけ?

【takasy】
そのときに出した曲のテーマとイメージがぴったりだったので提案して、バンドのテーマもそんな感じなので、そのまま続けてます。

---- では、ライブにくるファン層は10代が多いですか?

【タカヒロ】
残念ながら、そうではないんですよ。向かっている相手はそうなんですけど。

【takasy】
いろいろなジャンルを聞いて、やってきた中で、今のUNDERCOVERは少し懐かしい感じのする親しみやすい曲調なんです。だから自分達と同世代が多くなっています。

---- 毎回、曲ごとに作詞・作曲が違うんですね?楽曲の役割分担はどうなっているんですか?

【takasy】
メンバーそれぞれが持ち寄るんですが、アレンジをみんなでして、最終的にはUNDERCOVERのフィルターをかけて、統一感を出してます。

MCF2006出演の感想

 

【ルミ】
すごい広くて、照明とかもプロの人たちと同じようで、楽しかったです。
カメラもすごく好きなんです。だから後ろのスクリーンに映ってる自分を見たかったんですけど、お客さんに後ろ姿を見せちゃいけないと思ってできませんでした(泣)

【takasy】
僕は見ましたよ。後ろを向いてる自分が映ってました(笑)
サンパレスに来たのは、実はMCF2006で2回目なんですけど、まさか自分があのステージで演奏することがあるとは思ってもいなかったですね。ただ、音響のスタッフさんにたまたま知り合いがいたので、落ち着いて、緊張することもなく楽しめました。

【タカヒロ】
3人目に感想言うのは、一番難しいですね…。
スタッフさんが大勢いて、自分たちのステージ(音楽)をよく分かってくれた上で、すごくやりやすい環境で演奏させていただきました。ライブの出来としては、やったことのない規模のホールで、お客さんとの距離感もあるし、あまり経験のないことだったので、どうやってうまくのせていったらいいかなぁ?など考えさせられ、すごく勉強になりました。

---- 音などは大丈夫でしたか?

【タカヒロ】
いつもと若干違って、違和感はありましたけど、それよりもリハにボーカルが欠席したこともあって、ちょっと不安がありました…。

---- 全くぶっつけ本番だったんですかぁ!?

【takasy】
そうなんですよ。それもハウリングを起こしやすい持込のマイクで、スタッフの方に迷惑をかけました…。

---- 音響のスタッフも、すごいですけど、そんなことがあったなんて全く感じさせませんでしたよ。

 

 

Interview Movie Bottom Homepage
ページトップへ戻る